北投石(ほくとうせき)とは?

北投石 金山の湯 別館
台湾の北投(ペイトウ)温泉と秋田県の玉川温泉でしか発見されていないラジウムを大量に含んだ希少な鉱石、それが北投石(ほうとうせき)です。北投石(ほくとうせき)は、鉛を含む重晶石(硫酸バリウム)の一種でラジウムを有しています。学術上大変貴重なものとして、現在、特別天然記念物に指定され保護されています。

ラジウムの特徴

ラジウムは、様々な理化学的・生理的な有効作用を有しており、人体の深部治療法に強力な効果を有すると言われています。ラジウムのホルミシス効果は、病菌や難病などに打ち勝つ大きな活力を人体に与え、健康増進に役立つと、世界各国で注目を浴びています。

ラジウムの作用

リューマチや胃腸の疾患、関節の症状や脊椎の症状、更年期障害などの内分泌系の症状、創傷、神経痛や神経炎などの神経に関する症状、自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状、喘息や慢性気管支炎、皮膚疾患、がん疼痛、不妊症、肩こり、痔、うちみ、くじき、しもやけ、腎臓病や肝臓病、心臓の疾患や動脈硬化症、痛風、歯周炎など、様々な症状に作用があると言われています。

温泉の効能

泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉の温泉水は、北投石(ほくとうせき)を加えることによって従来の温泉効果を倍増しています。疲労回復・美肌効果・免疫力向上・健康増進の効能が期待出来ます!